効果的なTOEICの受験方法について

最近は、小学生から英語の授業を行おうということで、日本でも英語の能力向上に関する関心が高まっています。では、普通のサラリーマンにとって、英語能力向上のために目指すべきものは何かと言いますと、TOEICであると言えるでしょう。というのは、多くの企業が、人事考課にこの試験のスコア―を利用しているからです。例えば、課長になるためには700点以上のスコア―でなければならないとか、海外出張をするためには600点以上のスコア―が要求されるなどといった具合です。それに、この試験は、受ける側にとっても魅力があると言えます。というのは、完全な客観テストとなっているので、前回は500点台だったので今度は600点台を目標にしようなどといった具合に、自己目標を定めやすいからです。

試練を受ける時期とタイミングについて

それでは、TOEICを受けるにあたっては、どのような点に気をつければよいかと言いますと、まず、できるだけ若いうちに試験を受けておいたほうが良いとアドバイスできます。というのは、この試験はじっくりと考えることのできる英検などと違って、かなりのスピードを要求されるものとなっていますので、感覚能力の優れている若年層のほうが高スコア―を狙えると考えられるからです。それに、国家試験のように1年に1回しか受けられないというものではありませんので、早いうちに受けて失敗したとしても、何回でも再チャレンジすることができるわけです。そして、早めに高スコア―を取っておけば、サラリーマンとしての人事考課上も有利になると言えるでしょう。例えば、同期よりも早く昇進したりできるわけです。

高スコア―をとるための勉強方法について

それでは、TOEICで高スコア―を取るためには、どのような勉強をすればよいのでしょうか。まず、試験問題集を学習するというのは、一番の早道であると言えます。それから、お金に余裕があるのであれば、英会話学校に通うというのも効果的です。英会話学校に通うような金銭的余裕はないという人でも、テレビ・ラジオやインターネットといった媒体を利用すれば、英語学習の教材はいくらでも見つけることができることでしょう。これらのメディアによって英語を学習することにより、ListeningComprehensionのスピードに慣れることができるわけです。一方、ReadingComprehensionをつけるためには、英字新聞を読んでみたり、英語のEメールを書いてみたりするのも良いでしょう。