英語力で最も重要視される資格TOEICとは

ビジネス英語の実力を示す資格として、もっとも一般的なものは、TOEICです。
実用英語検定が、英語力をあらわす時代は、過去の話。
就職や転職の際のエントリーシートにこのテストのスコアを書かせる企業も少なくありません。
外資系や貿易関係など英語を使った仕事をしようと思うなら、是非取得しておきたい資格です。
実用英語検定のように会話力が必要なく、主に「聞く」と「読む」の能力が試されるこのテストは、英語に慣れていない日本人でも勉強しやすいといえるでしょう。
これから英語の資格を取ろうと考えている人は、まずスコア600点を目標にスタートしてください。その後、700点、800点と目標をあげて、英語力を高めましょう。
きっと、英語力がつくだけでなく、自分のキャリアアップにつながります。

合否ではなく、スコアでレベルを評価

このテストは、実用英語検定のように合否判定ではなく、スコアで英語力を評価します。つまり、「落ちる」という心配がなく、受験すれば必ず自分の評価が出るのです。
では、就職で必要とされるスコアレベルとは、どれくらいあればよいのでしょう。
一般的な企業で求められているのは、スコア600点です。これは、通常の会話レベルで問題なく「聞く」、「話す」ができるレベルです。実用英語検定の2級レベルに相当します。
国際的な部門での仕事を希望する場合は、スコア730点以上のレベルを必要とされる場合があります。商社や貿易会社など、企業によっては、スコア800点以上を要求する会社もあるようです。
まずは、スコア600点を目標に、自分の実力を把握し、ステップアップを図りましょう。

勉強する時に気をつけておきたい点

英語の勉強は、毎日継続することが大切です。繰り返し単語を覚えることで、定着率が上がり、語彙力もアップします。日々忙しい中で、隙間時間を利用して、英語の勉強を継続しましょう。
過去問などを解く場合は、解き終わった後に、スコアだけを気にするのではなく、聞き取れなかった音声を再度確認し、次からは必ず聞き取れるように練習します。英文で読めないものが出てくれば、単語や構文などを再確認しましょう。単語がわからずにできなかったのか、構文の理解が不十分だったのか、ケアレスミスだったのか、聞き取りミスだったのかなど、それぞれの間違った理由を綿密に分析し、解決策を見つけることが、次回のスコアアップにつながります。
まずは、スコア600点を目標に、TOEICに挑戦してみましょう。