初心者から上級者に最適なTOEIC試験を解説

英語の試験でもTOEIC試験は合格点というものが基本的に存在しないことで有名です。通常の試験は合格点が存在し、それを目指して勉強します。また、受験後に合格点に満たない場合は、資格試験の合格書がもらえません。一点でも足りなければ、そのような扱いになってしまうので、かなりシビアな部分があると言えます。しかし、TOEIC試験は合格点が無く、獲得したポイントに応じて評価が付きます。なので、不合格になる心配が一切要らないのです。そのため英語学習の初心者から上級者にも人気がある試験となっています。初心者の方は最初は500点程度を目指せば良いですし、上級者の方は800点や900点以上を一つの目標にして勉強していくと良いでしょう。個人の英語の習熟度に合わせて、目標が設定できます。

試験はリスニングとリーディングがメイン

そして、TOEIC試験ではどのような出題がなされるかというと、それはリスニングとリーディングです。リスニングでは、実際に英語を聞いて設問に解答していくスタイルとなっています。ですので、英語を聞き取れる力がある方は、リスニングで良いスコアを獲得出来る事も多いです。また、リーディングでは通常の英語の試験のように、英文を読んで回答していきます。ですので、試験で良い成績を残したい方は、リスニングとリーディングの両方をバランスよく伸ばして行くことが求められます。ちなみに問題については4択となっていて、適当に選択しても得点になることもあります。ですので、適当に回答してもゼロ点にならない試験としても知られています。試験対策については参考書を購入したり、英会話スクールで学習するなど色々なアプローチがあります。

進学や就職活動でも優遇される事がある

また、その試験はどの程度英語力があるかの基準として採用している学校や、企業が多いです。上場企業などでは、昇進するためには一定の水準以上のスコアが必要としている所もありますし、学校ではそのスコアによって入学時に学費が免除されたりと言った特典が付いてくることもあります。ですので、就職や進学を検討している方にもその試験は受ける価値が出てきます。
特に企業では社員に対してその勉強を推奨している所も多く、外資系企業でも求人募集をする時に、900点以上の方のみと言った具合に条件として出している事も多いです。自身の英語スキルの向上から、自己啓発、進学や就職まで幅広い用途で利用できる試験となっているので、英語に興味がある方はそれを一度受けて見ると良いでしょう。